働き方改革に取り組む企業は46.1% 調査依頼初めて減少

働き方改革に取り組む企業は46.1% 調査依頼初めて減少

2022年09月07日 | 統計・アンケート

株式会社NTTデータ経営研究所が行っているアンケート調査の結果を発表しました。

働き方改革の取り組み状況とその効果のほか、2019年より調査を行っている「就業時間外の連絡(つながらない権利)」についてもここ数年の変化を分析しています。

調査は「非公開型インターネットアンケート」で2022年7月1日~2022年7月11日に行われました。有効回答者数 1,103人です。

アンケート結果によると働き方改革に取り組む企業は6.1%で調査依頼初めて減少しました。

その他、就業時間外の業務対応に関する調査やテレワーク制度の導入有無など興味深い調査結果、分析結果が公開されています。

株式会社NTTデータ経営研究所

関連キーワード
NTTデータ経営研究所

関連記事

2022年09月07日 | 統計・アンケート

日本在住の勤労者の60%が週休3日よりも柔軟な働き方を希望

米国クアルトリクスの日本法人、クアルトリクス合同会社は2022年9月6日、「柔軟な働き方と週休3日制に関する調査結果」を発表しました。 調査結果によると、「日本在住の勤労者の60%が週休3日よりも柔軟な働き方を希望してい […]

ワーケーション
2022年08月31日 | 統計・アンケート

ワーケーションに関する意識調査ワーケーション推奨企業は1割未満

「ワーケーション」(地やリゾート地でテレワークを活用し、働きながら休暇をとる過ごし方)という言葉や働き方がどれほど浸透しているか、また働く時間・場所に対してどんな価値観を持っているのかに関して、株式会社ワークポートが調査を行い公表しました。

⽇本の残業時間-定点観測
2022年08月31日 | 統計・アンケート

日本の残業時間2022年4月~6月「インフラ・運輸」は+0.81増加

OpenWorkが自社で集計したワーキングデータを元に2022年4月~6月の日本の残業時間平均に関する統計データを公表しました。

統計局ホームページ-労働力調査(詳細集計)-2022年(令和4年)1~3月期平均結果
2022年05月14日 | 統計・アンケート

労働力調査(詳細集計:2022年1~3月期平均)

総務省は5月13日に公開した労働力調査(詳細集計:2022年1~3月期平均)によると、非労働力人口は4182万人と,前年同期に比べ2万人の増加しました。